注目キーワード
  1. 自己分析
  2. ES
  3. 面接
バイトしか話せる経験がない人のための就活攻略サイト

これだけ読んで!サマーインターン基礎知識

今回の記事ではサマーインターンの基本的な情報をまとめていきます!

情報解禁はいつから?

情報解禁は6月1日〜とされています。

しかし、一部企業では6月1日より前に情報を出していたり、6月1日がエントリーシートの締め切りとなっている企業もあるので、気になっている企業の情報は気になったその瞬間から随時チェックしておきましょう。

理想を言えば、6月の1週目までに自己分析・企業研究を終わらせて、早め早めにエントリーシートに取り組みたいです。

対象

対象となるのは現在大学3年生のみ。としている企業が多いです。

ですが、大学1年生・2年生向けインターンや全学年対象のインターンもあるので、1・2年生でサマーインターンに参加したいと考えている人は全学年対象のインターンを探してみましょう。

期間

開催される時期は6月〜8月の間で、サマーインターンの期間は1day〜1ヶ月以上と企業によってさまざまです。

大学の夏休みを利用できることから、長期(1ヶ月以上)で募集している企業もあります。

形式

サマーインターンの形式は「セミナー型」「プロジェクト型」「選考/内定直結型」とさまざまです。

セミナー型

セミナー型インターンは会社説明会のように、その会社の説明や業務内容などをインプットするプログラムであることが多いです。

そのため1日で終了することが多いのがこのタイプです。

セミナー型は会社の雰囲気や社員の雰囲気を知りたい方にオススメです。

プロジェクト型

企業から出された課題に取り組んでいくのが「プロジェクト型」で、2~5日間で行われることが多いです。

応募数が多い企業の場合は、参加するためにエントリーシートや面接などの選考がある場合があります。

選考/内定直結型

参加すると内定が出たり、本選考でグループディスカッションの免除、ES通過確定などの優遇が受けられる型です。

個人的にはこのタイプのインターンに一番参加すべきだと考えています。

企業によって選考や内定に直結しているかはバラバラです。なので気になる人はONECAREERやUnistyleなどのインターンレポートを確認しておくと良いでしょう。

特に外資系企業はこのサマーインターンが本選考であることが多いです。

外資系企業を狙っている人は、必ず確認しましょう。

選考フロー

前提としてお伝えすると、選考がないインターンも多数あります。

しかし選考がある企業は、本選考と同じような選考フローを採用しているところが多いです。

 

本選考の基本的なフロー

書類選考(エントリーシート/履歴書)

適性検査

面接

GD(グループディスカッション)

 

なのでしっかりと企業ごとの選考フローを確認しましょう。

選考日程

選考日程の情報は各ナビサイトに出ています。

ナビサイト例

マイナビ・リクナビ・ONECAREER・Unistyle・ビズリーチキャンパス・外資就活ドットコム、など

また別で「キミスカ」「オファーボックス」この2つのサイトにも登録しておくと良いでしょう。

まとめ

サマーインターンの基本的な情報についてお伝えしてきました。

現在大学3年生の方は今のうちからサマーインターンに向けて行動していきましょう。


最新情報をチェックしよう!

インターンシップの最新記事8件

>自己分析〜面接まで全て解説「就活必勝メソッド」

自己分析〜面接まで全て解説「就活必勝メソッド」

「就活何から始めればいいの…?」「やりたいことも志望企業も見つからない…」「漠然とした不安がある…」そんな"就活初心者"さんへ。就活についてゼロから解説したテキストを無料プレゼント中!